脂っぽい頭皮でフケ、かゆみ、できものに悩まされている人「専用」スカルプケアシャンプー

カダソンスカルプシャンプー広告1


脂っぽい頭皮でフケ、かゆみ、できものに悩まされている…そして、お医者さんでステロイド剤を処方されたけども、なかなか症状が改善されないとお悩みの方向けの「専用」シャンプーが「カダソンスカルプシャンプー」です。

 

 

皮膚科専門医と共同開発したシャンプーで、実際に通院中の方々にお試してもらい、好評のため商品化したとのことです。

 

 

そこで私のホームページに掲載依頼がありました。

 

 

私もこの手のシャンプーはそんなにないんだよなあ…と思っていたので、掲載したいなあと思ったんですね。

 

 

脂っぽい頭皮でフケ、かゆみ、できものに悩まされているような「脂漏性皮膚炎」の方は多いようで少ないので、なかなか商品化しても採算が合わない。ということがあると思います。

 

 

医薬品として取り扱われる場合は、その認可に気が遠いほどの期間がかかりますしね。

 

 

このような難しいテーマに堂々と取り組んだということはかなり商品的に自信がある良いものなんだろうな、と思います。

 

 

「カダソンスカルプシャンプー」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

脂っぽい頭皮を改善していくのに、シャンプー自体に医薬品成分を入れる必要はない。

 

実際、脂っぽい頭皮を改善していくには、医薬品成分を入れる必要というのはありません。

 

 

そもそも皮膚科にかよっているような人はステロイド系の塗り薬を処方されている場合が多いですから、むしろシャンプー自体に医薬品を入れるのはよいとは言えないと思います。

 

 

それよりもいかに皮脂を正常な分量に戻すかが大切ですね。

 

 

頭皮の炎症がかなり進んでいて、頭皮ににきびやできものがあり、かゆみを感じてぼりぼり掻くなんて言う人は「マラセチア真菌」という体のにきびと同じ真菌により侵されているという人が大半だからということです。

 

 

これはほとんどの原因がシャンプーが合わなかったことでの過剰な皮脂分泌が発端となっているようです。

 

 

抗炎症成分をしっかり確保しています。

 

カダソン写真1

シャンプーの役割というのは、頭皮と髪の洗浄になります。そこで、

 

 

・皮脂を取り過ぎないようにする

 

 

ということと

 

 

・天然の抗炎症成分を残す

 

 

ということが最も必要になることです。

 

 

これは実は他のアミノ酸系シャンプーでもできることなんですね。

 

 

この商品、取り立てて特別なものは使っていません。

 

 

どちらかというと、成分をなるべく少なくしてある感じですね。

 

 

天然のアミノ酸洗浄成分と、普通にアミノ酸系シャンプーに使われている抗炎症成分のみといった感じです。

 

 

ただ、他のアミノ酸系のシャンプーより抗炎症成分が量的にしっかり確保されているような感じですね。

 

 

「カダソンスカルプシャンプー」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

泡立ちはよくありません。泡立ちが良くないのには理由があります。

 

カダソン写真2

泡立ちはよいとは言えません。アミノ酸系シャンプーの泡立ちを良くするには洗浄成分としての植物精油をたくさん入れる必要があるのですが、これは保湿成分として、頭皮の表面にいくらか成分が残ることになります。

 

 

本来ならそれは保湿成分として、皮脂を余分に分泌させないということで、頭皮環境を保つ方向にいきます。

 

 

しかしながら、すでに頭皮の炎症がかなり進んでいて、頭皮ににきびやできものがあり、かゆみを感じてぼりぼり掻くなんて言う人はマラセチア真菌が大体居ると考えていいと思います。というか、薬を処方されてれば、まず居るということです。

 

 

その場合精油がマラセチア真菌を元気にしてしまう餌になりかねないという考え方です。

 

 

ただ精油系の洗浄成分は泡立ちが良く、頭皮汚れや皮脂を良く洗い流すわけで、精油の代わりに頭皮に皮脂が残ってしまえば同じ事だと思うわけですが…

 

 

精油をそんなに使っていないアミノ酸洗浄成分のシャンプーで丁寧に洗い最初ゴワゴワするのを我慢できれば確かにそれが一番いいわけです。

 

 

この手のシャンプーを使うには

 

 

  • 泡立ちを求めない
  •  

  • 泡立ちが悪くても丁寧に洗う
  •  

  • 最初の10日~1か月、ごわつきが気になるかもしれませんが、我慢する

 

 

ということが必要です。

 

 

それを乗り越えれば、頭皮の状態だけでなく髪の質感なども満足のいく結果を得られることが多いということです。

 

 

「カダソンスカルプシャンプー」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

とにかく余分なものは入りません。アミノ酸洗浄成分と炎症、湿疹に抗する植物性成分のみ。

 

カダソンスカルプシャンプー広告2


成分的には特殊な成分は入っていません。アミノ酸洗浄成分と主におなじみの3種の成分で頭皮環境を徐々に改善していく形になります。

 

 

むしろ成分をたくさん使っていないから、真菌には有効と言えるのだろうと思います。

 

 

抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」… 頭皮のヒリヒリ(痒さ)を抑える

 

抗菌成分「サリチル酸」… 頭皮の荒れを防ぐ

 

シロキクラゲエキス … マラセチア真菌の餌にならない水溶性保湿成分

 

 

このように添加されている成分が少なく、真菌の活動を抑える内容になっているので、シャンプーなのにそのまま洗顔しても大丈夫です。

 

 

顔のできものが気になっている人には有効言えると思います。

 

 

全成分は以下のとおりです。

 

 

全成分:水、ココイルグリシンK、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、PPG-2コカミド、プロパンジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、エタノール、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、サリチル酸、グリチルリチン酸2K、BG、ダイズ芽エキス、チャ葉エキス、シロキクラゲエキス、レイシエキス

 

 

使用上の注意に

 

 

・傷やはれもの、湿疹等、異常のある時は使用しないでください。

 

・お肌に合わないとき、使用中・使用後、日光にあたって、赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常が現れたときは使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談下さい。そのまま化粧品類の使用を続けますと悪化することがあります。

 

 

とありまして、え?すでに「脂漏性皮膚炎」という異常がある人のシャンプーでしょ(;゚Д゚)と突っ込みたくなるんですが…まあ、注意書きするのは義務だからしているという感じすね。

 

 

頭皮異常がある人にとっては極力余分なものを排除してあって、安心できる成分のシャンプーだと思います。

 

 

価格的にもアミノ酸シャンプーとしては標準的で、まあ良心的と言えると思います。

 

 

「カダソンスカルプシャンプー」を特にお奨めしたい人

 

  • 大きな湿ったフケがでる人
  •  

  • 頭皮にかゆみがあったり、はれものがある人
  •  

  • 頭皮がべたつく人
  •  

  • 頭皮がつっぱり、午後には髪がしんなりしてくる人
  •  

  • 低刺激のシャンプーを探している人
  •  

 

「「カダソンスカルプシャンプー」を特にお奨めしない人

 

  • 豊かな泡立ち、洗い上がり直後の髪の仕上がりの良さを求める人
  •  

  • 試してみて頭皮に合わないと思った人(フケ、抜け毛が増えた。頭皮がつっぱるなどあまり例がありませんが)

 

評価:星4
とてもシンプルなシャンプー。ターゲット層を考えると医薬品成分が入りそうなものですが…
シャンプーはシンプルなほうが頭皮にはいいんだと教えてくれる1本ですね。
泡立ちや仕上がりのよさを求める人には向きません。
とにかく洗い心地や仕上がりよりは炎症をなんとかしたいという感じですね。
でも結局、頭皮の状態がよくなれば髪質もよくなるということですからね。遅れてやってくるという感じでしょう。
コンディショナーがいらないので、コスパも悪くはないです。頭皮のかゆみに苦しんでいるという方はとりあえずお試ししてみて損はないと思います。

 

「カダソンスカルプシャンプー」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

参考資料:
脂漏性皮膚炎・フケサイト Q12 フケの原因となる「かび」とは?
東京女子医科大学病院腎臓内科 ステロイド治療

(上記の飛び先のサイトはデータ送信の保護のためのSSL化がされていないサイトです。データ送信の保護をしている当サイトから移動すると保護されていないと注意が出るブラウザがございます。
ただし、問題なのは飛び先のサイトで個人情報などを送信する場合であって、閲覧のみする分には特に安全に問題はありません。)

wikipedia グリチルリチン酸ジカリウム
wikipedia サリチル酸

■頭皮の状態別おすすめシャンプーランキングページへは下のボタンをクリックしてください

脂症肌(オイリー)

乾燥肌(ドライ)

敏感肌

ニキビ、湿疹

フケ、かゆみ

臭い

薄毛

50代、60代

産後の抜け毛

髪を早く伸ばしたい

トライアル、返金



当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

こちらも参考にしてくださいね。
髪のことをよく考えたアミノ酸シャンプーを掲載。
実はこっちのほうがあうシャンプーがあるかも。
「女性のためのダメージケアシャンプー選び」へ↓↓
ダメージケアシャンプーサイト
トップページへ↓↓
トップページ